ファンの変身大作戦!好きなアイドルに近づきたい。

もしも変身できるなら、BTS(防弾少年団)のJIMINに変身したいです。なぜかと言うと、BTSが好きなので、もしメンバーの一人に変身できたら、ほかのメンバーと自然に仲良くなれるし、おしゃべりしたり、ゲームしたりすることもできます。ほかのメンバーに変身してもいいですが、特にJIMINに変身したい理由は彼がVとJUNGKOOKより年上で、兄さん呼ばわりされますし、J-HOPEなどのほかのメンバーより年下で可愛がってもらえます。つまり、彼が団体の中にいる立場が好きからです。そして、JIMINに変身したら、BTS全員の部屋に行って、メンバーとおしゃべりしながら、部屋の中に何かあるのかを見てみたいです。もし、何か話の辻褄が合わない時に、頭をポンポンして、困ったような顔を見せて「自分にもよくわからないけど、何だか最近記憶力があまりよくなかったみたい。疲れすぎたせいなのかな。どうしよう?」と誤魔化します

違う世界が見れるかも!変身するなら空を飛べる生き物に!

私は、もしも変身できるなら「インコ」になりたいです。一番の理由は、空を飛べるからです。電車や歩かなくても、自由に飛んで何処へでも行くことが出来るので、飛べたら便利だろうなあと思います。終電の電車に乗り遅れたとしても飛んで帰ることが出来ます。
また、「インコ」は小さくて可愛いですし、人の言葉をマネして喋ることが出来るので、どんな言葉を喋っても「このインコ面白い!」と思ってもらえそうです。
「インコ」に変身してやってみたいことの一つ目は、自由に空を飛んで、世界一周に挑戦してみたいです。二つ目は、いろんな鳥と会話してお友達になって、一緒に海を飛んでみたいです。もしも「インコ」に変身していることが、ばれそうになったら、「最近、インコを飼い始めたの。」という風に言います。「変身するところを見た。」と言われたら「幻覚じゃないかな?それで、相談があるんだけど。」などと言って、違う話にもっていくようにします。

誰かに変身できるなら、大谷翔平選手になってみたいです。

165キロの豪速球を投げられるという感覚がどのような物なのか体験してみたいんです。
二刀流の大谷選手ならば打者としてホームランを打つ体験も出来ますしね。
完璧に大谷選手になれるなら、やはり試合で投げてみたいです。
外見や能力は大谷選手でも心は自分のままなら怖いかもしれませんが、マウンドから自分が投げた球の速さに相手打者が驚き空振りをする姿を見下ろすのはとても気持ちいいんじゃないかなと思いました。
そして打者として打席に立ち、特大のホームランを打ってみたいです。
真芯を捉えたホームランはとても気持ちいいと聞くので、あのスイングとパワーで特大ホームランを打ったらとても気持ち良いだろうなと思います。
もしも私が変身しているとバレそうになったとしても、大谷選手のあの笑顔でニコニコしてたらなんとか誤魔化せそうな気がします。
一人で投手でも打者としても超一流レベルな感覚とはどのような物なのか、本当に興味があります。